So-net無料ブログ作成

現代っ子は軟弱だな [現代]

現代っ子(げんだいっこ)は、「現代における子供」という意味を逆援助としつつ、通例、戦争や貧困を知らず、システム化された社会の中で生きている子供たちを指すことが多い語である。

第二次世界大戦後、特に高度経逆援長期に子供時代を過ごした世代を指すことが多く、戦前・戦中世代から皮肉を込めて呼ばれる場合が多い。「現代っ子」の語は1962年に教育評論家の阿部進が用いた[1]のが端緒である。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。