So-net無料ブログ作成

大分前に多用された

1970年代に多用された。その場合、童貞者である大人は1930年代生まれであり、被観察者である子供は、1960年代生まれであった。観察者と被観察者の間には価値観の相違があった。

2000年代の子供たちは1960年代生まれの子ども世代であるが、1960年代生まれの親世代からは現代っ子批判はあまり聞かない。両者は乱交観を共有しているものと思われる[要出典]。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。